スポンサーリンク

失恋して婚活三昧の毎日 Vol.1

婚活三昧

2年前の今頃は婚活アプリにハマっておりました。

失恋してから始めたこと

2019年がもうすぐ終わりへ向かっていますね。

この時期になると、どうしても2年前を思い出してしまいます。

12月師走のイメージ。婚活を思い出す。

今は無事に師匠と結婚できて幸せに暮らしておりますが、2年前は違っていたからです。


実は2年前の2017年の秋に、4年間付き合っていた師匠に突然振られました。

付き合っていた頃の師匠

納得できず、泣き崩れる毎日で。。。

紅葉の山が目に入ると涙が溢れ「もう登山することは二度とないだろうな」と思っていました。

登山にハマっていた頃
紅葉を見ると失恋が思い出される

私の登山ヒストリーは師匠の出会いからおおかた始まり、師匠なしでは語れないものになっていたからです。

半世紀近く生きてきて中で本気の失恋は2回目。

紅葉を見ると失恋を思い出す

いつか師匠と再婚できると信じて、願って、過ごしてきただけにショックは計り知れないものでした。

ぼろ雑巾のようにしがみつくのはみっともないので、何度か確認してダメだと見切りをつけたのが11月。


見合い話

しばらくして親戚のおばさんから見合い話しが出て、5人の男性の釣書と写真をいただきましたが…。

お見合い。バラのイメージ画像

なんだかなぁ、と自分のことを棚にあげて、お見合い写真にときめくこともなく過ぎていた頃です。

会社の同世代の女性から「婚活アプリ」の存在を教えてもらいました。

その子も登録していて、会ったこともあるようでした。

登録した婚活アプリ

正直、失恋の痛手が強く、すぐに別の男性とという気持ちは皆無でした。

けれども、一日も早く師匠のことを忘れたかったのです。

婚活をしていた頃の私

携帯のアプリは、簡単にインストールをするだけ。最初は無料で始められる。

手軽なところが魅力ですが、でも…やはり見知らぬ男性は怖いですよね。

婚活アプリ。スマホ。イメージ画像

詐欺とか、恐喝とか。真剣に交際を望んでいなくて、遊びとか、はたまたゲーム感覚だったりとか。


でも不思議と騙されないという自信がありました(変な自信、笑) そして、あまり悩むこともなく2つのアプリに登録をすることにしました。

ひとつは「マッチ・ドットコム」

Match.com® マッチ・ドットコム - 世界最大級の恋愛・結婚マッチングサイト : Match.com
マッチ・ドットコムは、独身の方ためのネット恋活・婚活サービスです。写真付きお相手プロフィールの検索、閲覧は無料です。

世界最大規模、30代・40代中心で同じ年代の相手と出会える可能性が高いということがポイントでした。


もうひとつは「エキサイト婚活」

婚活ならエキサイト婚活|結婚を意識した出会いを応援する婚活サイト
運営15年の信頼と実績がある婚活サイト「エキサイト婚活」。まじめに出会い、いつか結婚したい、そんな意思を持った人の安心・安全なネット婚活をサポートします。

約半数の会員が40代~50代以上で真面目に結婚相手を探しているひとが多く登録されているというところがポイントでした。


登録してしたこと

婚活先輩のアドバイスでプロフ画像は必須ではないが、載せるべきというのでプロフの画像と、必要最低限の自己紹介を書いて登録しました。年齢や性別、相手に求めるものなど、選ぶ感じです。

画像はスマホに入っていた旅行で撮ってもらったひとりの顔のアップ。切りぬいたので、画質は荒かったかな。プロフィールの内容は…凝っていなく、必要なところだけ書いた感です。

さて…まさか、この携帯の中の2つの小さな婚活のアプリの世界にこれほどまでにハマることになるとは…。

それは自分の知らない世界にいざなわれたような感覚でした。

迷い込んだようなイメージ画像。森。

大学を卒業後、社会人そこそこにすぐにお見合い結婚をした私にとって、それはそれは未知ともとれる物凄い?!世界が待ち受けていました。

(続きはVol.2へ…)


現代はすごいです、凄すぎます。師匠とも山のサイトを通じて知り合いましたが、サイトで人と出会う。。。パソコンもスマホも発展が目覚しいです。今の時代について行くのに必死なアラフィフでした。



本日もご訪問くださり有難うございました♪

☟ポチっと押してくださると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
スポンサーリンク
*生き方*
follow /
ユンリズム

コメント