スポンサーリンク

ノーファンデができるまで10年かかりました

コンプレックスの肌から抜け出す

ずっと自問自答を繰り返してきたこと。「ノーファンデ」はありか、なしか。

ノーファンデとはすっぴんとはまた違います。定義というほどのものではないですが、一般的にはファンデーションを塗らないというだけで、日焼け止めや粉おしろい、ポイントメイクなどはあり。

本当は綺麗に下地を塗って、シミやくすみにはコンシーラー、そして丁寧にファンデーションを重ねたほうが綺麗な肌には見えます。

その時は綺麗に見えるけど、お化粧を落としても自信が持てる素肌になりたくて、それには普段も負担にならないようファンデーションを辞めようと決めました。

ミネラルファンデーションもいろいろ試しましたが、ミネラルであってもやはりファンデーション。お粉が少し舞うのも気になって…ということで完全に断つことにしました。

ファンデーション

コンプレックスだらけだった20代の頃の肌

10代からニキビがポツポツできるのに、元アトピー肌で敏感で乾燥もする。それを隠そうとファンデーションの厚塗り。少しでも綺麗に見せたくて、新しいファンデーションを買っては変えて…の繰り返しでした。

もちろんスキンケアも片っ端から試していました。気づくと肌がさらに薄くなり、そして毛穴がとても目立った「みかん肌」になっていました。

みかん肌

ウェディングプランナー全盛30代はストレスで肌はボロボロ

結婚して無添加化粧品を使い始めても、特に肌の変化は見られず、、、穏やかに良くなることを願っていました。お化粧をやめると肌に良いだろうなと思っていましたが、長年ホテルのウェディングプランナーをしていたのですっぴんはダメ。

今の日本の社会では女性は最低限のメイクがマナーとされているからです。素足がだめでストッキングを履くのと同じ感覚ですね。「このプランナーに任せたら、おしゃれな結婚式が出来そう!」と思ってもらわないといけませんからね。

仕事が忙しく、睡眠時間が短くストレスも相当でした。もちろん肌はボロボロ。。。たまにエステに行っても、根本的に改善していないのでひどい肌でした。

毛穴はお化粧では消すことができません。肌に細かい凹凸があるのですから。毛穴に効くといわれる化粧品を使ったりしましたがほぼ効果なしでした。その場隠しという感じでお化粧はやめられず、、、な30代でした。

メイク品

肌と健康のために生活改善に努めた40代

化粧品では改善がなかなか難しいことが分かり。。。それよりも肌の負担をなくして、こすることやメイク落としもやめる生活を始めました。シンプルなスキンケア、ノーファンデ。

そして生活習慣の改善。肌のサイクルは若い頃は28日といわれていますが、ミドル世代は倍以上、いや5倍くらいかかりそうでした。

転職して、規則正しい生活を送ることができるようになり…努力した甲斐がありました。毛穴の目立ちも減り、ノーファンデ生活も順調でした。

その時のノーファンデ生活は、日焼け止めクリームに、気になるシミそばかすと赤みにコンシーラーを使っていました。転職先もホテルでしたから、しっかりとポイントメイクはしていました。

ミドル世代の美しい肌とは

綺麗な先輩がシミを隠していると分かってガッカリした日

随分前、働いていた職場での出来事です。明るい陽射しの窓際で、とても綺麗な先輩の顔を見てコンシーラーでシミを隠していることに気づいたのです。内心「あ、シミを隠している」と。

コンシーラーでシミを隠すのは周りをぼかしたり、ちょっとしたコツや技術がいるものですが、難しいのだと実感したのです。逆にシミやそばかすがうっすら見えているほうが可愛く映ったりするものですが、、、。私はメイク技術はありません。

完璧に隠すことができる自信がないのなら隠さないほうが良いな、と思ったのです。私が男性だったら、この先輩に幻滅してしまうかも!(いや、先輩は悪くありません、でも軽い幻滅を覚えたことは否定できません”(-“”-)”)

シミは出来ないよう努力が必要だけど、できたものは潔く隠さず!と決めた瞬間でした。

コンシーラー

ノーファンデの肌には高品質の日焼け止めだけを

コンシーラーを使うこともやめ、日焼け止めクリームだけのノーファンデができるようになるまで10年近くかかりましたが、もしかしたら他人から見たら「ファンデーション塗ったら」て思われているかもしれません。

けれども私はこれから先の肌のことを考えて塗らないのが一番だと思っています。ただ、日焼け止めだけは必須です。紫外線は百害あって一利なし。私は登山もするので特に紫外線予防はきちんとしないと心配です。

使っている愛用品は使い始めて10年ほど経ちます。

ラロッシュポゼ
日焼け止め

愛用品:ラロッシュ ポゼ UVイデア XL ティント SPF50+/PA++++

フランスのメーカーのものですが、皮膚科医が推奨していて肌に優しい日焼け止めです。一番の特徴は、石けんで落とせるところと、UVAのみならずロングUVAを防御し、花粉、PM2.5などの大気物質からも守ってくれるというところです。

紫外線吸収剤が使われているので、敏感肌のかたは懸念されそうですが、高品質で、吸収剤を包んでいるため肌へは優しい処方になっています。肌がとても弱い私でも大丈夫でした。老化を進めるロングUVAや大気物質を防ぐものは紫外線散乱剤の日焼け止めではありません。また石けんで落とせるとうたっている日焼け止めでも、しっかりとこすらないと落ちないものが実は沢山あります。(いろいろな種類を購入して検証しました)

いろいろ試した結果、こちらに落ち着きました。陽射しがきついアルプス登山でも日焼けをしませんでした。BBクリームもあるので、まだノーファンデに自信がなければこちらもおすすめです。

ノーファンデでもポイントメイクで洗練さが必要

ミドル世代になると、素肌が美しい若い肌と違っていろいろな老化や変化が見られます。美しい50代を目指したいという気持ちがあるけれども、素肌っぽい、ナチュラルなだけの雰囲気はプラス「洗練さ」がなければやぼったく単なるおばさんになってしまいます。

下のようなデザインのワンピースは若い女の子が着れば、森ガール風で可愛いけれどもミドル世代は見せ方に工夫が必要です。単なる体型隠しで着ていると思われたくないですものね。


顔も同じ。すっぴんで眉毛も整えていなくて髪も自然のままの状態なら、若い頃なら「ナチュラル美人」だけど、ミドル世代なら…ね。無情にもその自然さが老けて見えることになってしまいます。

やはり綺麗に整える必要はあります。ポイントメイクをするとぐっとお化粧している感が出ます。私は頬に赤みがあり、自然なチークと思えば良いのですが、ムラがあるためクリームタイプのミネラルチークをのせるとカモフラージュして良い感じになります。


完全ノーファンデができるようになるまで10年という歳月が必要だったほど、私の肌はひどいものでした。これからも肌の変化がもっと出てくる難しいミドル世代真っ只中ですが。。。できれば欠点は隠したい、でも隠せば隠すほどお化粧が濃くなり、それがとても老けて見える要因になってしまいます。

ノーファンデ生活を続けて少しでも肌の負担を減らし、そしてしっかりと紫外線を防ぎ、いつまでも艶のある綺麗な素肌でいたいですね。




ご紹介したラロッシュポゼさんの日焼け止めはワントーン明るくなるので、間違いなくスッピンより、断然肌が綺麗に見えますよ!!

(ティントカラー:ツヤのある薄づきのピンクベージュの色味が皮膚のくすみ感や色むら感をカバーし、ナチュラルに補正)

色なしでトーンアップするプロテクショントーンアップもあるので、そちらも試したいですね。




最近は新しいカラーバリエが増えたようです!

商品説明・・・”光を乱反射し肌を綺麗に魅せるトーンアップテクノロジーを採用したトーンアップUVに、新色ローズが誕生。
肌なじみのよいピンクの色味で、澄んだ血色と上質なツヤのある素肌のような透明感肌*2を演出します。”

年齢を重ねてくすんだ肌や、ブルべの肌に合いそうですね♪



最後に。。。ノーファンデは勇気がいるけど、

服が汚れない、

化粧崩れがない、

皮膚呼吸している、

肌の負担がない、

メイク用品が少しでシンプル、、、

とてもおすすめですよ(*^_^*)


本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ

コメント