スポンサーリンク

なぜ賃貸なのか?

アラフィフ夫婦では珍しい賃貸は定年後のため。

この世代で賃貸暮らしをしている人はとても少ないと思います。持ち家の人が大半でしょうね。私も最初の結婚で5年ほどは賃貸暮らしでしたが、その後一軒家を買いました。

もちろんずっと賃貸の方もいらっしゃるでしょう。純粋に費用だけに焦点を当てたら、持ち家のほうが最後は財産になるので良いように思います。ですが、賃貸は暮らす場所を自由に選べる、修繕費等の心配もいらない、というメリットもあります。

イメージ。素敵ですがこのサイズ感はいらないですね(;’∀’)

さて、私たちはというと、結婚数十年経っている家族なら家を買っていたかなと思いますが、再婚してまだ2年も経っていません。今住んでいる土地にずっと一生暮らすのならすぐに家を買っても良かったのですが、、、実は永住の土地だと考えていないから今、賃貸暮らしです。

賃貸マンション
今の住まい。2部屋つなげて。

師匠は今の仕事を定年がきたら退職する予定です。今の勤務先は転勤で働いているところです。転勤先なので、「家賃補助」というのがあるのです。これが持ち家になってしまうと無くなるのです。かなりの額をいただけるのでこれを使う手はないでしょう。


「永住の場所ではない」「家賃補助がある」この2点の理由で賃貸住まいなのです。60歳で定年したら、住みたい土地に暮らす。その時に家を買う予定です。


私はずっと関西育ち。一方師匠は東北出身で大学から関東。転勤で関西に来て15年近く。メインが向こう側なのか、西日本より南には住む気はないようです。私はどこでもいいかな、という感じです。

今のところ、物価が安くて、地方都市、病院にも通いやすい所がいいかなというところまで。漠然としたものですが、まだまだ時間はあるので考える時が楽しいです。

今は60歳でも家を建てる時代だそうです。一軒家もいいけれども中古マンションを購入してフルリノベーションして好きな空間にしてみたいなと思っています。

ニューヨークのマンションですって!すごーい(笑)

そして前に書きましたが、キャンピングカーを買っていろいろな所に旅をしたり、登山をしたり。そんな暮らしをイメージしたら65歳まで働くより60歳で潔く退職して、自由に暮らす年齢を早めようということになりました。

度々節約の話しをしているのはそういう夢があるからなのです。歳は取りたくない、とは誰もが思っていると思いますが、私たちは60歳からの夢があるので、その年齢に早くなりたいな、と思っています。だから今、頑張れる!

デイキャンプ
昨日もキャンプに行ってました


幸い、暮らしている賃貸は快適そのものです。たまたま探していた地域で新築の賃貸マンションが建築されたばかり。見学に行くと、一目で気に入りました。広い部屋より、こぢんまりとした部屋で機能性の良い水回りがあるところが良かったので。

賃貸キッチン

こぢんまりしているほうが、モノが増えないように努力できそうですよね。二人が暮らすには広い部屋や沢山のクローゼットがあれば、そのサイズに慣れてモノが増えそうです。引っ越しの荷物も少ないほうが良いでしょうし、いずれ終活をする際にもモノはできるだけコンパクトにしたいです。

賃貸マンション
二人暮らしには十分すぎる空間です

「登山」「キャンプ」という趣味がある限り、普通よりもその趣味分モノが多いですものね。まだまだモノが多い我が家です。今年も少しでもコンパクトになるよう見直していきたいです。

犬連れ登山
ベスさんを背負って登山


「住」はとても大切。暮らしの中で生活の基盤であり、眠りにつく場所であり、帰る場所。家に帰りたくなるような住居でありたいものです。

賃貸寝室
寝室には、作ったラベンダーのサシェを置いて。

自由がきかない賃貸でも、不満なく好きな空間を作ることができたので、永住先でも賃貸もありかなと思いましたが。。。でも将来のことをいろいろ考えると一生家賃を払い続けるのも心配な気もします。

まだ先なのでどうなるか分かりませんが、良いタイミングで自分たちに合った家に巡り合えるといいですね!

キャンプと犬
湖を眺めるベスさん。湖畔も憧れます♪

本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
スポンサーリンク
*定年後の暮らし*
follow /
ユンリズム

コメント