スポンサーリンク

自分の性格を思い知る瞬間

怖さと隣り合わせの雪山の世界の中で。

自分の性格を分析したこと、てありますか?

就職する時とかに、履歴書に自分の長所、短所を書くことがあります。(書かなくても面接で聞かれる可能性もありますよね)自分の性格。。。知りたくないような、でも分かっていないといけないような。


前に、私は自分の短所として、「他人に興味がない」ということを書きました。そして、今日は…「怖がり」という点も見逃せられない性格のひとつであることを。



「怖がり」「ビビり屋」「心配性」


心配性過ぎて、必ず待ち合わせの時間より早く着いています。電車が一本間違って乗り遅れたら、車が混んでいたら、と考えてしまいます。

登山でもしかり。コースタイムや十分な休憩時間、プラス道迷いなどのロス時間もしっかり入れて、下山15時から逆算して、スタート時間を決めます。


今回は雪山。昨日、師匠と標高1100mほどの雪山を登りに行きました。我が家の車はスタッドレスタイヤを付けていなので、駐車場までは普通タイヤでも行くことができる山に限ります。道路脇に雪が残っていると、滑りそう、と思い心配でなりません。

雪山
雪がちらつく中、必死…です(笑)

雪景色って綺麗ですよね。雪山なら普段の生活では見ることができない景色が広がっています。晴れていたら、青空と白い雪のコントラストが最高です。昨日は残念ながら登っている最中で青空はなくなり、下山からは雪が降ってきました。


雪山、ってとても綺麗だけど、もし、ここで迷ったら、、、と思うと怖い気持ちが忍び寄ってきます。。。道迷い、遭難、、、こんなところでは一晩いたら、低体温症になるでしょう。

雪山
ふかふかの新雪!でもここを登るのは大変でした。

そんなリスクもありますが、安全に行動すれば、大丈夫です。でも。。。怖い気持ちがいつもそばにいる。


怖がりだから、やめてもいいのに、ね。それでも行きたい、歩きたいと思う気持ちが大きいとそちらが勝ってしまうもの。


師匠をはじめ、きっと他のひとだったら、深くそこまで考えていないと思います。出かけて、車がヤバいと思ったら、そこで引き返せばいい、登ってみて、不安に思ったら無理に進まないで帰ればいいと。


楽観的に考えたいなと思う自分と、慎重で良いでしょ、と肯定的に思う自分と半々です。

自分の性格をきちんと分かって、行動できたらそれで良い。




そう思うことで楽になりましょう。。。と言い聞かせます。





先日、家で牡丹鍋をしました。

なんと、天然の、山で撃ち落とした猪を知り合いからいただくことができ、初の家ボタン。

猪の肉
二人分には勿体ないほどの量!

兵庫県の丹波篠山まで食べに行っていましたが、、、いやぁ、これほど美味しい猪は初めてです。

牡丹鍋

寒いと猪の肉が引き締まって美味しいそうです。暖冬でしたが、少し寒さが戻りましたね。

コロナウィルスは怖いですけど、必要以上に恐れず、気を付けて過ごしたいです。(京都の観光は激変だそう!)



本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ


スポンサーリンク
登山・キャンプ
follow /
ユンリズム

コメント

  1. まぁ より:

    元気っすか? 雪山いいねぇ^^ 危険だけどいいねぇ^^牡丹鍋もいいねぇ^^ いいねぇの連発記事ですねぇ^^ 

    ちなみに私も意外と心配性です。

    • ユン* ユン* より:

      まぁさん、コメント有難うございます♪
      雪山の最近は安全地帯を狙っています(*´з`)
      いいね、と言ってもらえて幸せですわぁ。

      ま、心配性も時にはありがたいと思うものです。。。
      まぁさんもですか(;’∀’)!