スポンサーリンク

「シミ取りブーム」で決意した田舎に近い暮らし

外出自粛のなか「シミ取りブーム」で気づかされたこと。

「シミ取りブーム」

「イス取りゲーム」みたい。(笑)


私が勤めている会社の社長が、シミ取りをしたことから始まった連鎖。

社長が取引されている総合病院の形成外科で、たまたまイボ取りのキャンペーンをしていたらしく、、、

イボを取ってもらうはずが、顔全体のシミもレーザーで取ったのです。

奥様から老人性シミだと言われて気にされていたようです、、、。

シミ イメージ画像

2週間近くマスク姿で、マスクからはみ出た絆創膏が痛々しいお姿でした。

(このご時世だから、さほど目立ってはいなかったけど)


社長は私に「〇〇さんは悩みなさそうだね。でも、金額の詳細をLINEで送っておくよ。」

と頼んでもいないのに、シミ取りの料金表を私に送ってこられました。



美容関係には妙に詳しいわたし。

保険はきかないといえど、お得な料金設定でした。

美容整形外科ではこうはいかない。



私はノーファンデなので、シミを隠そうとはしていない状態です。

シミはゼロではないので、気にならないといえばウソになります。

でも、お金を出して取りたいかといえば…

それぞれのシミは小さいし、そばかす?程度なので、今は良いかなー、でもいいなーという微妙な気持ちです。



社長の顔中のシミ取りが大成功に終わったこともあり、連鎖が始まったのです。

社長の奥様がゴールデンウイークの旅行がキャンセルとなり、どこも行かず家なのなら、今のうち!となり・・・

4月末の予約を取られたのです。

そして、奥様のご友人たちも反応され、予約を取られたそうです。

社内の他の女性陣は、やってみたーい!と言いながら、みな主婦なので、そう簡単には答えが出ない状態でした。






社長に次いで実践に向かわれる奥様が最近こう言われました。

「旅行がなくなって、家にこもるしね、チャンスよ。

でも、、、ここに住んでいるから、シミを取りたくなるのかも。

南の島に住んでいたら、太陽をがんがんに浴びて、シミなんか気にならないと思う。」



。。。そうなのです、南の島! 奥様はお友達とゴールデンウイークにその島に行く予定でした。

いつか、将来、その島に住みたいとも仰っているほど、溺愛の島です。


その島に住んでいるのなら、今あるシミは全く気にならないと。


とても同感しました。

ちょっとした都会?に住んでいるから、美容に関心がいく。

街がキラキラしていて、女性も綺麗にしている。

購買意欲をそそる素敵な服やジュエリーが売っている。

それを身に付けて、出かける場所や美術館、レストランがある。




でも、自然が多い町や村にいたらどうでしょう。

自然の中に身をゆだねていると、身体も自然になる。

綺麗な洋服や宝石を持っていても、いつそれを身に着ける?と思ってしまう。

それよりも、太陽の光をたっぷり受けた野菜や果物、そして新鮮な海の幸を欲するでしょう。

田舎 イメージ画像

「南の島に住んでいたら、シミ取りはしない」

住む環境で意識も変わる。

関心も変わる。



そう思ったら、私は迷わず、都会より田舎暮らし。


ウェディングプランナーをしていた頃は、将来は都会ど真ん中のタワーマンションに住んでみたいな、と

戯けたことを思っていた時代もありましたが。。。!!

ベスさん


定年後は師匠と、登山がしやすい、空気が美味しいところに住みたい。

しわやシミなんて、

気にならない、

気にもしない、

そんな眩しい場所に。。。


朝のコーヒータイム

本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
スポンサーリンク
*定年後の暮らし*
follow /
ユンリズム

コメント