スポンサーリンク

実家に帰って「家」という箱を考えてみた

ベスも連れての実家は居心地がよくて。居心地の良い家とは?

この連休はサービス業のユンさんは仕事なのだけど、昨日だけは休みをもらって、実家へ帰りました。

コロナでなかなか実家に行くことを延ばしていて、また第二波が・・・でも、お盆を待っても一緒。


で、帰りました。

母も兄ファミリーも、ぼちぼちやっているようで、、、やっぱり実家はいいな、と感じた一日でした。

外出が減ったベスさんも連れて行ったので、みんないっぱい遊んでくれて、良かったぁ(#^^#)

花 イメージ画像



将来、どこかの土地に移住をしたいと考えているユンさん夫婦ですが、

楽しく笑って、過ごせるような、、、そんな家がいいな、と思っています。



再婚同士だから、それぞれの子供たちが頻繁に遊びに来てくれるとは思えないけど、

登山仲間や、仲良くなった?ご近所さんたちと、お茶を飲みながら談笑できるような。。。


今はイメージだけだけど、ね。



注文住宅を普段、仕事で関わっていることもあって、「家」という器を触れる機会が多いのですが。

誰もが素敵な家に住みたい、お金をかけたら、かけただけ、思う通りの家に近づくのかもしれません。



でも、豪邸だけが素敵な家なのか。

羨まれるような家に本当に住みたい??




シニア世代からの夫婦ふたりの家って、小さくていい。

マンションでも、一軒家でも、

掃除が楽な、シンプルな家がいいです。



そう、真っ白な箱でいい。

装飾は飽きるかもしれないから。

できるだけ、シンプルで、無駄がない家。

白い部屋 イメージ画像

そしていつも、穏やかに、、、笑いのある家。

椅子の脇には、編みかけの手袋があって。。。(笑)

手編みの手袋




限られた予算のなかで、無理をしないで、

背伸びもしないで、

余裕のある状態で、終の棲家を選びたい、と。




楽しく過ごした実家で、ふとそんなことを思いました。

素敵な家とは器だけではない。

そこの住人がどう過ごすか、です。





「隣の芝生は青く見える」

そんな風に思うことがないよう、居心地の良い中身のある家を目指したいです。




本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ



スポンサーリンク
*定年後の暮らし*
follow /
ユンリズム

コメント