スポンサーリンク

コストを抑えた家に住みたい(妄想その1)

単純にローコスト住宅というくくりではなく「好き」がいっぱい、でもコストが最優先。そんな家あります?

家好き、インテリア好きなので、今まで何度か、家のこと、そして、将来の終の棲家についての記事を書いてきましたが。。。

60歳からの終の棲家には、どんな家がいいのだろう、としばしば考えています。

今回は、マンションでも中古戸建でもなく、「新築の一軒家」は可能か、と妄想してみます。




ネットで、「ローコスト住宅」と検索をすると、いろいろなメーカーが出てきますよね。

こだわった注文住宅を建てている会社に勤めているので、身近に「家」をいつでも感じられます。

目が肥えてきます。

でも、子育てが終わった、シニアの二人だけの住まいを考えると・・・

豪邸ではなく、身の丈に合ったコンパクトな住まいが理想です。(家にかけられるお金の上限が低いのです)

誰に自慢するわけでもなし、

そして、老後資金が湯水のようにあるわけではない、

とにかくコストを抑えた家造りが最優先です。



かといって、好きになれない家はなぁ、、、と。

はい、よく見るローコスト住宅にときめきを感じない、贅沢なユンさんです。

だいたい20坪ぐらいだと、家本体価格1500万円以上かけるとまずまず満足できそうな家はできるような。(私個人の主観です)

でもこれに諸費用400万ほど+外構費ですものね(*_*; (もちろん土地代も)

なので、コストを抑えた家というのは、私の中では1500万円以内です。かぎりなく1000万円に近いほうが。。。

コンパクトな家であっても、注文住宅となるといいいお値段になるので、規格住宅などで好みの家はないかしら。。。




基本的に、小さい家が良いんです。

大きな家で育ったゆえ、大きな家の良さもありますが。。。

光熱費はかかる。

動線が長い。




結婚をして、50㎡ほどのハイツに住んで感動しましたもの。

トイレまで何歩で行けるのかしら!

全てがコンパクトに収まって、

暑かったらクーラーですぐ冷える、寒くても暖房器具ひとつですぐに温まる。(笑)





コンパクトな家と考えると。。。

ミニマムな暮らしが思いつきますが、家はその人自身が表れるモノのひとつかと。

「スモールハウス」とか、

「タイニーハウス」とか、

「コンテナハウス」とか。

ちょっぴりカッコいい形が好みなので、四角っぽいのに惹かれます。

こんなのがいいな~

でもライフラインなどを考えると、なかなか現実的には大変そうです。

住まいとしての家を想像すると。。。

こんな家!

コンパクトな家
外にあるチェアが多すぎなところはおいといて、シンプルな雰囲気が素敵です

あ、軒のない家はデメリットが多いと専門家からよく聞くのですが、どうなのでしょうね。




そうそう、無印良品から出ている「小屋」

ご存じですか?


素材といい、見た目といい、超好みです( *´艸`)

無印良品の小屋
(画像)無印良品の小屋サイトより拝借
無印良品の小屋 | 無印良品
「気に入った場所でくらす」。だれもがもつ小さな憧れを、かたちにする道具ができました。家や別荘ほど大げさではなく、キャンプほど単純でもなく。山や海、庭など、自分のすきな場所に置けばたちまちその土地の一部となり、もうひとつのくらしがはじまる。そんなイメージから生まれたまっさらな小屋です。


この小屋だけでは住むことはできませんが、キッチン、お風呂、トイレを付け足した15坪ぐらいの小屋を発売してくれないかしら。。。

無印良品の普通に住むことができる家も売っていますが、素敵でも私には高いので、、、無理。。。(泣)




ワンルームのような、そんな家がいいですね。

ちなみに、、、

お値段といい、スタイルといい、ドンピシャはまる家を見つけました。

Aセグメントハウス
アーキホームライフさんの画像より拝借
Aセグメントハウス|堺市で723万円から注文住宅を建てるアーキホームライフ
堺市で人気のカフェスタイルの注文住宅を723万円から建てられるアーキホームライフです。構造的にもメンテナンス的にも優れたシンプルで美しい注文住宅が建てられる商品、Aセグメントハウスのご案内です。

”マキシマリズムに囚われず

ミニマリズムほどそぎ落とさない

ミディアリズム=ちょっといい家”

ですって!


このフレーズに惚れてしまいそうです。

家を見ると、ミディアムどころか、かなりミニマリズム的に感じますが。

四方の窓はなく出入口のみで、代わりに大きな天窓があります。

Aセグメントハウス
アーキホームライフさんの画像より拝借
Aセグメントハウス
アーキホームライフさんの画像より拝借

 合板とモルタル、キッチンもステンレスの骨組みだけ。

この潔さ、シンプルに極めた佇まい。。。ため息がでます。

お値段も素敵♡ (税込みで935万円)




かくいう、師匠は、家は住めたら何でもいい、とか言いながら

やはり、私が素敵だと思う家が同じく良いな、と思っているようで。。。(^-^
                     
好みが同じで良かったです。  


                                           

Aセグメントハウス
アーキホームライフさんの画像より拝借
すべてが「好み」

ただ、造られている工務店の「アーキホームライフ」さんが地区限定なので。。。

ちょっと私たちには難しいところが残念ですが。






というわけで、タイトルの「好きがいっぱい、でもコスト最優先の家、あります?」の結論は

「あった」ということですね♪




希望が出たので、少し安心しました。

家を買うのはまだまだ先の話しですし、新築はやはり勿体ないとなるかもですが、

いろいろな角度から、

少しずつ、妄想を広げていきたいと思います。



本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ



                                                                                          

スポンサーリンク
*定年後の暮らし*
follow /
ユンリズム

コメント