スポンサーリンク

~立山登山~あまりの人の多さでビックリ( ゚Д゚)!

この連休に休みを取り、友人と久しぶりのアルプス登山に。

北アルプスの立山に、友人と二人で一泊の登山に出掛けました。

久しぶりのアルプス登山です。

京都からなので、夜行バスで、富山駅へ。その後は電車とバスで移動します。


立山は、ケーブルカーとバスで簡単に3000Mまで登ることができる数少ないアルプスの山。

登山をする人以外に、観光客も多いので、ケーブルカーに乗るのは2時間待ちを覚悟したものの。。。

なんと、4時間も待ったので、登山ルートの見直しが必要で、本当に驚きました。



でも、室堂から、一歩、登山道に入ると、ぐっと数は減るので、思いっきりゆっくりと登山を満喫してきました。

雷鳥沢のテント場
カラフルなテントがいっぱいの雷鳥沢のテント場
立山登山
紅葉は少し早かったけど、色づいています



コロナの影響で私自身、外出頻度が減り、登山もしばらく休んでいたので、足はなまりまくりです。

初日は、足が重く、どうなることかと思っていましたが。。。




翌日は、早朝4時半に出発して、立山連峰の一つ、雄山の山頂神社でご来光を見ました。

朝日が差し込んだ瞬間。



真っ暗なうちからヘッドランプを付けて、頑張って岩を登ったおかげで、なんとかギリギリセーフ。

雄山でご来光
きつかったけど、頑張ったぁ~♬


ときにはしんどくて、きつくて、「どうしてこんな大変な思いをしてまで登るのだろう」と

思うことはありますが、そのあとに待っている景色を見たら、疲れも忘れてしまいます。



雷鳥にたくさん会えて、ほっこりすることも。

立山の雷鳥



下山後、富山に戻ってきたからは、名物の白エビの食事をいただきました♪

白エビ天ぷら丼!!( *´艸`)


お土産は、アルプス登山のお土産の代名詞、「雷鳥の里」。安定の美味しさなので、職場のお土産に。

雷鳥の里

そして。。。

富山の銘菓をいくつか買いました。

甘金丹
外せない「甘金丹」
玉子たっぷり。懐かしさを感じる味です。
玉天
「玉天」は昨年食べて衝撃的でした!好き!!
つきせかい
初めて賞味した「つきせかい」という千菓子。
軽くて美味しかったです。

山頂で、寒さゆえに、冷めたコーヒーを飲んだせいか、熱いコーヒーと甘いケーキを求めて、帰路のバスに乗る前にカフェへ立ち寄りました。

「フェルベール」という富山駅に入っているカフェで、至福のカフェタイム。

フェルベールのケーキ


疲れた身体に染みますね~。コーヒーと甘いケーキを頬張りながら、女子トークと山談義です♡



立山は、まさに「ネバーランド」

できれば、テント場で、腰を落ち着けて、5日間ぐらい登山&温泉を楽しみたいです(*^_^*)





この連休から、一気に日本中が動き出したかのような、どこも混雑していたようですが、、、

きっちりと、自己管理をしながら、少しずつ、元の生活に戻ることができたら良いですよね。




お金を万単位で使うのは、かなりご無沙汰です。

使ったけど、心の栄養剤をたっぷりととりました!


さ、明日からまた仕事を頑張ろう!!





本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
スポンサーリンク
登山・キャンプ *趣味*
follow /
ユンリズム

コメント