スポンサーリンク

ノーファンデで自信がついた理由

ノーファンデの良さの全て

ひたすらノーファンデを貫く

アラフィフなのに、日焼け止めのみのノーファンデ生活を始めて随分と経ちます。

最初はBBクリームから初めて・・・

次は日焼け止め+気になる部分にコンシーラー・・・

そして現在は日焼け止めのみ。

ただし、愛用の日焼け止めはトーンアップ効果があるので、すっぴんの肌よりは明るく見えます。

      ☝愛用の日焼け止めの話しはこちら


たまに、ファンデーションを使いたくなる時、戻りたくなる時がありました。

特に、デートや友達と会う時とか、ね。



でも、ノーファンデの状態が一番良いんだと言い聞かせて、乗り切りました。

艶めいているこの肌が綺麗だと自分に暗示です、(笑)

この楽さがたまらない

よれていないかしら、、、

ファンデ落ちていないかしら、、、

化粧直ししないと、、、


そんな煩わしさから解放されます。

アイライナーやマスカラは付けているので、そこはちょっと気になりますけど。

そしてカラーリップを塗っているので、鏡なしでさっと塗ることは頻繁です。



コンパクトからパタパタとしなくても済む、

厚塗りにならない、

いつまでも艶肌。

化粧品

服に付かない、

マフラーやネックウォーマーも大丈夫。

マスクも、全く付かない、

それがノーファンデの醍醐味です。



これはノーファンデのひとしか分からない開放感ですね!

お世辞でも褒められると嬉しい


ノーファンデであっても、目もとにはアイライナーとマスカラ、カラーリップを塗っているせいか、すっぴんには見えません。


そして、たまに

「何のファンデーションを使っているの?」

「素肌っぽくていい感じだけど、リキッド?」

と聞かれるので、ノーファンデだと答えると、驚かれます。



お世辞でも、やはり褒められると嬉しいものですよねー。

これがまた自信につながります。

白い花びら

予防は大切、ノーファンデでいられる肌を保つ

しっかり日焼け止めを塗ることは大切ですし、趣味の登山の時は何度も塗りなおします。

コンシーラーで隠す必要がないようにすることも大切です。

シミを作らないこと

私は春先からたまにホワイトニングの薬を飲んだりしますが・・・

老人性のような大きなものでなければ、気にしないことですね。


私も全くないわけではないのですが、あまり気になりません。

自分が思っているほど、他人は見ていないものです。

小さなシミより、全体の肌の質感の方が大事かな。

くすみを作らないこと

お手入れの際には、こすらない等の刺激を与えない、

寝不足はご法度です。

良質な睡眠と食事、適度な運動で代謝を上げること。


日々の積み重ねがこれからの肌を作るプロセスとして、大事だということですね。



面倒だと思わず、ちょっと気を付けるだけで、きっとノーファンデでも大丈夫な肌になれると思います♩

ラロッシュポゼの日焼け止め

肌に一番良いことを続ける大切さ

ファンデーションって、塗り方が難しいと思います。

メイクアップアーティストが丁寧に仕上げた肌なら綺麗だと思いますが、ともすると老けて見えると思いませんか。



歳を重ねた肌はやはり艶があった方が綺麗に見えると思います。

だからといって、艶めくファンデーションを塗っていても、素肌は美しくなりません。

綺麗な素肌を手に入れるために、日々少し意識しながら過ごして、頑張ってノーファンデで肌に良いことを続ける。



褒めてもらえるようになってくると、続けて良かったと実感します。

隠すことばかり考えないで、素肌そのものを美しくすることにシフトチェンジして、

綺麗に歳を重ねていきましょ♬




本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ


<関連記事>

コメント