スポンサーリンク

デカパンツ事件で気づいた許せない基準

アラフィフでも女を忘れてはいけない。

先日、ユンさんは母から貰った「おへそまである大きなパンツ(下着)」を履いていました。




今年は自分の身の回りのものは一切買わないと決めていたけど、

下着が限界にきていました。


ちょうどタイミングよく、母が、

「いっぱいあって要らないから、タグがついている新品の下着をもらって。」

と、沢山貰ったのです。




ガードル機能がある、コットン混の大きなパンツ。

色は、じみ~なベージュ。

ま、でもこれから寒くなるし、いいか。。。

と、早速履いていたのですが・・・




タイミング悪く、師匠に見られてしまったのです。

師匠からは

「デカパン!!  

引く。。。お願いだからそんなパンツは履かないで!」




ですよね・・・

決して、おへそまであるパンツが悪いわけではないし、

お腹冷えないし、締め付け機能もあるけど。。。



男性にはいかんせん、受けない。

女性終わった?と見られてしまう。

枯れたバラ



残念ですが、、、

来年早々、可愛い下着を購入しよう、と決めたユンさんでした。(それでも来年にこだわる、(笑))



今まで、下着にはある程度、こだわってきました。

ブランドや値段ではなく、デザイン性があって、

上下は揃っていて。

揃っていないと気持ちが悪かったですしね。



そしてガードルには頼らない。

可愛くないし、おしゃれでないし、

自分自身の筋肉を鍛えて引き締めようと。

なので登山の上りでヒップを上げて、腹筋もしていました。




なのに、デカパンです・・・

いつまでも師匠からは

「可愛いユンさん」

と見られるようならないとですね。




そして、気づきました。

最近、体重は変わっていなくても、

お腹周りの贅肉が少しある。。。




「お腹はぺったんこ」

だと思い続けてきたけど、ウエストのくびれも、贅肉も、なんか。。。汗




ちょっと自分に厳しくしないといけないな。

ここを甘やかしていては、素敵なミセスになれそうにありません。




まわりからは細くて羨ましいと言われ続けて、

それに甘んじていたように思います。

お腹の贅肉の話しを友人に話しても

理解はしてもらえないと思います。

アラフィフ女性の平均とか、他人と比べて、とかではないのです。



自分の基準で、許せるか許せないか。



師匠に「デカパンやめて」

で目が覚めたように思います。




本日もご訪問頂きありがとうございました♪

☟ポチっと押してくださると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ


スポンサーリンク
手放したモノ *シンプルな暮らし*
follow /
ユンリズム

コメント